最近FXを始めました!

ハナハナのスランプグラフ

《スランプグラフ》ハナハナホウオウ(鳳凰)の設定3っぽい挙動の設定5を攻略!

ハナハナに力を入れていたホールも最近は沖ドキにシフトしはじめている今日この頃、

皆さん勝ててますかーー?!

今回はハナハナ鳳凰の推定設定5の実践日記を書き綴っていきたいと思います。

Dee
スランプグラフを要チェック!

 新装開店日:ハナハナホウオウの奇数設定と遭遇!『実践データ』

沖ドキは楽しい沖スロと見せかけてフツーに激辛AT機にしか思えない私はこの日もAタイプ専門で立ち回りました。

新装開店日だったので朝一角台のハナハナ鳳凰に着座。

前日ヘコミ台の角1、角2、角3狙いは私が迷った時によくやる立ち回りです。

初当たりボーナスは181GにRB!よっしゃ、ハナ連いくぞ!と期待感を胸に回す事552G…

ハナハナ神
絶望の果てのBB当選。

この時点で18Kを投資していたので、「あぁ…この日はどこで損切りするか」と、いかに負け額を軽減したヤメ時を炸裂させれるか様子見していました。

その後の履歴は以下。

112G BIG

30G   BIG

119G BIG

116G BIG

6G       BIG

25G   RB

318G RB

196G BIG

68G  BIG

19G  BIG

150G   BIG

71G  BIG

222G BIG

続く…

ビッグが強くてコインが減らない展開、しかしバケはクソみたいな確率…

推測している最中の設定示唆演出は奇数設定寄りでした。

設定3を疑いましたね。

続きの履歴(↓)

117G RB

165G RB

55G   BIG

418G RB

83G   RB

7G     RB

62G   BIG

164G BIG

36G   BIG

261G BIG

その後、BB37/RB20へ育つ…

RB弱いけど1/400台なので続投してました。ちなみにハマりは以下。

  • 最大ハマり:519G
  • キツかったハマり:回数3回

ハマりが深いと不安になりますが、出玉を伴っている上にスランプグラフが右肩上がりなので設定5を確信し始めました。

Dee
結果。

こんな感じのグラフでフィニッシュしました。

出だしの波は荒いけどきちんと右肩上がりのスランプグラフです。

この右肩上がりが自分的には重要で、カクカクしたグラフじゃなく滑らかなグラフが望ましいですね。

加えて今回の勝敗を分けたポイントはボーナス合算確率とランプフラッシュでした。

何故ヤメなかったのか、その点をおさらいしたいと思います。

 ハナハナ鳳凰の設定3or設定5の推測ポイント

設定 出現率
1 1/50.26
2 1/44.94
3 1/39.63
4 1/36.18
5 1/34.54
6 1/31.76

参考ハナハナ鳳凰(ホウオウ)のBIG中スイカ出現率

BIG中のスイカ出現率は絶対にカウントしておくべきです。

今回の実践の様にRBが引けなくて推測要素が薄い場合、この辺の数値はヤメ時の重要指標になりますね。

この台は1/35前後で安定していたので捨てませんでした。

設定 左+黄色 右+黄色 左+緑色 右+緑色
1 52.5% 35.0% 6.3% 3.1%
2 35.0% 52.5% 3.1% 6.3%
3 52.5% 35.0% 6.3% 3.1%
4 35.0% 52.5% 3.1% 6.3%
5 52.5% 35.0% 6.3% 3.1%
6 43.8% 43.8% 4.7% 4.7%
設定 左+赤色 右+赤色 左合成 右合成
1 2.3% 0.8% 61.1% 38.9%
2 0.8% 2.3% 38.9% 61.1%
3 2.3% 0.8% 61.1% 38.9%
4 0.8% 2.3% 38.9% 61.1%
5 2.3% 0.8% 61.1% 38.9%
6 1.6% 1.6% 50.0% 50.0%

参考ハナハナ鳳凰のレギュラーボーナス(REG)中のサイドランプフラッシュ

もちろん設定1でも左右演出のフラッシュはしてしまうので、これだけを頼りに推測するのはかなり危険です。

  • 出玉
  • スランプグラフ
  • BIG中スイカ
  • REG中サイドランプフラッシュ

複合的に加味した時初めて信憑性が増します。

結果62000円のプラスとなりました。

 ハナハナで負けない為に…『立ち回りのコツ』

Dee
ただ、今回の立ち回りの危険なポイントは朝一台に手をつけた点にあります。

新装開店日にはAタイプにもそれなりの設定を散りばめるホールだと熟知していたからこその立ち回りでした。

それだってある種ギャンブルです。

まぁスロットはギャンブルですが、笑

(普段は3000G前後回った台を打つ様にしています。)

過去記事でも述べていますが、私はハナハナは設定4あれば十分と考えていて、

奇数っぽい示唆を感じたら設定3とみなして見切りをつける様に心掛けているのも事実です。

ただ、最近ではハナに設定6を投入してくれるホールもかなり減ってきた印象です。

偶数設定→2か4

奇数設定→1か3

って感じですね。

多分ホールとしても設定56の感覚を打ち手に覚えさせたくないという狙いも当然あるかと思います。

角2と角3の台のスクショも貼っておきます。

総ゲーム数 8081

BB回数 28

BB確率 1/288

RB回数 19

RB確率 1/425

合成確率 1/171

瞬間最高差枚 2804

↑角3の台。

 

総ゲーム数 3546

BB回数 15

BB確率 1/236

RB回数 3

RB確率 1/999

合成確率 1/197

瞬間最高差枚 1512

↑角2の台。

個人的には重複しちゃいますが、スランプグラフの滑らかさ・角度(右肩上がり)はかなり重要視しています!

Dee
…にしても角123の2台が脂肪という事で、結構危うかったですね!

 まとめ

結果

総ゲーム数 7773

BB回数 37

BB確率 1/210

RB回数 20

RB確率 1/388

合成確率 1/136

瞬間最高差枚 3500

ただ、角2と角3が死亡していたのを見て、角1が本命なんじゃないかと感じ取れたので、他人の台を定期確認する立ち回りはかなり嫌な奴ですが、勝つ為には必要ですね。

自分の場合、今回は勝利パターンを記事にしましたが敗北パターンも晒していくつもりです。

Dee
という事で、ハナハナ鳳凰の推定設定5の実践記録でした〜!

最近FXを始めました!

-ハナハナのスランプグラフ

Copyright© スロ部 , 2020 All Rights Reserved.