最近FXを始めました!

ハナハナの設定判別

【ツインドラゴンハナハナ解析】設定判別・設定差のポイント

ツインドラゴンハナハナもだいぶホールでの導入が進んできましたね!私も最近頻繁に打ってます。

今回は今までのハナハナシリーズとは異なる龍玉色による設定判別が重要になりますので、しっかり把握しておきましょう!

ハナハナ神
龍玉色の五色をしっかりカウントする事が攻略のコツですぞ。

ツインドラゴンハナハナの機械割・スペック

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/296 1/492 1/185 96%
2 1/286 1/461 1/176 98%
3 1/275 1/431 1/168 101%
4 1/262 1/397 1/157 104%
5 1/249 1/368 1/148 107%
6 1/232 1/331 1/136 112%

ツインドラゴンハナハナの機械割については、今までのハナハナシリーズと大差ありません。

REG確率は1/400以内、合算確率は1/160以内の台を狙いたいですね。

  1. 左リール上段にBARを狙う
  2. 枠内スイカ停止時は、中&右リールはスイカを狙う

参考《ハナハナの打ち方》初心者でも簡単にビタ押し・目押し!1ヶ月で30万円プラスにするDDT打法

通常時はDDT打法でスイカを取りこぼさない様に注意しましょう!1ヶ月間、毎日朝から晩まで親父打ちすると、30万円近いコインロスが発生します。

通常時のベル確率設定差

設定 ベル
1 1/7.48
2 1/7.40
3 1/7.40
4 1/7.41
5 1/7.31
6 1/7.22

通常時ベル確率による設定看破は正直厳しいです。ベルはカウントしなくても大丈夫です。

それよりも重要なのはスイカとボーナス時のサイドランプ、龍玉色による設定示唆です!

BIG中のスイカ出現率

設定 スイカ確率
1 1/49.6
2 1/43.2
3 1/41.5
4 1/38.0
5 1/34.1
6 1/31.8

BIGボーナス中のスイカ確率はかなり重要な要素ですね。

設定1と設定6では1/18もの差があり、一度設定6を打った事がある人からすると体感的に分かるレベルです。

1/40を目安に確率が悪化していく様な台は、早めにヤメにしておきましょう。低設定を回避する為の設定判別ポイントです。とは言っても、ある程度腰を据えて回さないとこの辺の確率は荒れますから、その点は悩ましい所ですね!

REG中のサイドランプ判別

ポイント

  • 青 設定1,3,5
  • 黄 設定2,4,6
  • 緑 設定1,3,5
  • 赤 設定2,4,6
  • 虹 高設定示唆

REG中のサイドランプにも色演出がありますので、設定判別の重要なポイントです。ホールでは偶数設定がよく使われていて、誤爆も多いので設定4を設定6と勘違いする打ち手も少なくありません。

奇数設定を示唆する青、緑が頻繁に出る時は設定1、3を疑いましょう!設定5が入っている可能性は強イベ日以外、多くないはずです。

この色演出は次項で解説する龍玉とややこしくなってしまうんですが、しっかり頭に叩き込んでおきカウントしながら打ちたいですね!

龍玉色での設定判別

ツインドラゴンハナハナでは、サイドランプフラッシュの色演出による設定示唆以外にも、台上部の「龍玉」で設定判別のポイントがあります。

BIG・REGごとに演出が異なるので、しっかり網羅しておきましょう!

BIGボーナス

ポイント

  • 青 期待度 低
  • 黄  ↓
  • 緑  ↓
  • 赤  ↓
  • 虹 期待度 高

サイドランプフラッシュの色演出とごっちゃになってしまうんですが、青・黄の時はいずれも要注意です。

Dee
低設定回避の為に青と黄に着目しましょう!

一番看破しやすいのは全ての色演出が赤ばかりだった時ですね。この時、自分は設定4を掴んでいる事がとても多いです。ホールにはそうそう設定6は投入されていませんから。

REGボーナス

ポイント

  • 青 設定3以上確定
  • 黄 設定3以上確定
  • 緑 設定5以上確定
  • 赤 設定5以上確定
  • 虹 設定6確定

REGボーナス後に龍玉に色有り点滅が出た時点で、機械割は100%以上が確定です。遠目からもチェック出来る看破要素なので、ハイエナ狙いの台がREGを引いている時にはつい凝視してしまいます(笑)

他の人のが打つ台の状況も確認しながら立ち回りたいですね。

レトロサウンドによる設定判別

設定 発生率
1 6.3%
2 7.0%
3 7.8%
4 9.4%
5 10.9%
6 12.5%

連荘の条件は、従来の87G以内から100G以内へ仕様変更されています。

正直、レトロサウンドは設定1でも6%の確率で発生するので、期待し過ぎるのは禁物。他の色演出やスイカ確率と絡めて、トータルで押し引きを計りたいですね。

ボーナス告知割合

  • レバオン時 約85%
  • 次Gレバオン時(単独) 約10%
  • 次Gレバオン時(チェリー重複) 約5%

この辺は設定差は無しですね。故に気にする必要無し。

プレミアム演出

  • 停止時にリールがバウンド
  • 双龍フリーズ演出
  • プレミアム点滅演出
  • テンパイ時や小役成立時にサウンド変化
  • 虹色フラッシュ・バックライトフラッシュなど
  • MAXBETボタンが緑色に変化

プレミア演出にも設定差はありませんので、発生しても無駄なヒキ強という事になります(笑)

まとめ

看破すべきポイントとしては、従来通りのサイドランプフラッシュとスイカ、REG、龍玉の4点ですね!

特にツインドラゴンハナハナでは色演出が重要になっているので、自分以外の台も盗み見ておく事で高設定台のハイエナがしやすくなったと言えます。

導入日に設定6と思しき台を掴んだ事がありましたが、その時の出玉は5000枚を超えました。解析が出る前だったので、看破しながら打てませんでしたが(笑)

それ以降、勝てている台は設定4ばかりですね。ホールも怖くて設定5、6は中々投入出来ないのでしょう。

ハナハナ神
色演出を活用して、高設定台をハイエナせよ。

最近FXを始めました!

-ハナハナの設定判別

Copyright© スロ部 , 2020 All Rights Reserved.